FREAKERS / EURO

FREAKERS TOP > ニュース > AUTOMOTIVE NEWS > メルセデス・ベンツ「 V 220 d Sports」を追加

AUTOMOTIVE NEWS

メルセデス・ベンツ「 V 220 d Sports」を追加

V_220_d_Sports_Exterior_1
 
メルセデス・ベンツ日本株式会社は、メルセデス・ベンツ「Vクラス」のラインアップに「 V 220 d Sports」を追加し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じ注文受付を開始した。配車時期は2017年9月頃を予定している。
 
1998年に欧州のミニバンとして初めて日本に導入された「Vクラス」は、ワイドでスクエアなスタイリングと広く上質な室内空間にアレンジ自在なシートを備え、プレミアムミニバンというセグメントを創出した。その後も、2003年、2015年のフルモデルチェンジを経ながら、7名乗車のシートレイアウトや左右両側の電動スライドドア、リアエンターテインメントシステムなど日本のニーズにあわせて装備や専用アクセサリーの拡充を図ってきたことで、累計販売台数2万台を超えるロングセラーモデルとなった。
 
「 V 220 d Sports 」は、「 V 220 d」をベースに、内外装のスポーティでスタイリッシュな印象をより強調する「AMGライン」を採用した。「AMGライン」は、すでにロングボディのV 220 d Sports longで採用されており、好評を博している。エクステリアには、AMGデザインエクステリア(フロントスポイラー、リアルーフスポイラーリップ)、専用19インチAMG7ツインスポークアルミホイール、インテリアには、カーボン調インテリアトリム、ステンレスアクセル&ブレーキペダル(ラバースタッド付)を備えている。
 
さらに、通常は有償オプションとして設定しているメタリックペイントを、一部を除き無償オプションとした。
 
クリーンディーゼルモデルのVクラスに搭載される「2.2リッター直列4気筒BlueTEC」は、世界でも厳しいとされる日本の「ポスト新長期規制」に適合した日本専用開発のエンジン。メルセデス・ベンツは、1936年に世界初のディーゼル乗用車を発売してから、一貫してディーゼルエンジン技術の改善と高度化を進めてきた。「BlueTEC」搭載モデルは、エンジン内部の技術改善によって排出ガスの生成を最小限に抑えるだけではなく、画期的な触媒システムにより、効率的な排出ガス処理を実現した。それを可能にしているのが、メルセデス独自のAdBlue®(尿素水溶液)インジェクターとSCR触媒コンバーターです。排出ガスにAdBlue®を噴射し、熱反応によってアンモニアを生成させた後、SCR触媒コンバーターを通過させることで、化学反応により有害な窒素酸化物の大部分を無害な窒素と水に分解する。
 
また、優れた環境性能と同時に扱いやすくてストレスない加速を提供し、静粛性にも優れている。
 
 
V_220_d_Sports_Exterior_1
V_220_d_Sports_Exterior_2
V_220_d_Sports_Exterior_3
V_220_d_Sports_Exterior_4
V_220_d_Sports_Interior

人気の記事

    None Found